外国語の理解

海外との取引等、今では日常的に外国語を使用する場面があるという人も増えてきつつありますが、実は国内でも外国語に接する機会はたくさんあります。たとえば、駅や病院などの公共の場所ではほとんどの案内板や掲示物が多言語表記されていますし、都市部の主要な駅では多言語による音声案内も珍しくありません。海外からの観光客の増加に伴い、国内でも数々の外国語に触れる機会を得ることができます。そうした際に活躍しているのが翻訳会社です。ある言語からある言語への翻訳サービスを専門的に扱う会社で、街中の案内板からレストランのメニュー、またビジネス上の契約書など様々な分野で需要があります。最近はビジネス面で大きな注目を浴びている東南アジア言語がトレンドです。

多くの翻訳会社はインターネット上にホームページを持っています。まずはホームページをチェックしてから、無料の見積もり依頼があれば依頼してみると良いでしょう。すぐに返事がもらえることが多く、場合によっては電話による相談なども受け付けてくれます。翻訳したい原稿がはっきりとしていない場合は概算による見積もりを出してくれる場合もあるので、まずは電話にて連絡してみると良いでしょう。その他、外注先を募集するサイトなどを利用して翻訳会社を募集してみるのも一つの手です。何回も依頼を出す手間が省け、多くの企業から見積もりをもらうことができるので値段の比較検討もしやすいです。ただしその場合は、翻訳会社ごとの得意分野や品質に注意しましょう。

 
 

英語の翻訳

英語の翻訳ができないというときには、翻訳会社に仕事を依頼すれば短期間のうちに多くの文章を翻訳してもらう事が可能です。これからグローバル化に伴って翻訳会社を利用する人は増えていく傾向にあります。

記録に残す

テープ起こしは非常に手間のかかる作業です。一字一句そのまま書き出す場合、少しテープを聞いて一旦とめ、紙に書くかパソコンに文字入力するという作業を繰り返します。また議事録も作成が難しいとされています。

サービスの利用をする

翻訳サービスとは、外国語で書かれた素材を日本語に翻訳してくれるサービスです。専門店舗へ行って直接依頼をする他にも、インターネットで翻訳サービスを利用することもできます。